消費と摂取カロリーについて

人間が生きていくためには、食べ物から筋肉を動かすためのエネルギーを摂取して、それを燃料として消費させています。

人間が一日に生活するのに必要なカロリーの量は決まっており、消費量より摂取カロリーが上回ってしまうと簡単に太ってしまいます。

昨今は飽食ブームのために、脂質や糖質が多い食事、炭水化物がかなり多すぎる食事などが多く、摂取カロリーも多くなってしまうような食品が多くあります。

普段生活するなかで消費しきれなかったエネルギーを消費させるために運動が必要になります。

また、適正なエネルギー量を摂取していても、代謝が落ちてしまうと体のなかでエネルギーを燃焼させる力も落ちてしまいますので体重が増えてしまうメカニズムもあります。

代謝を上げるために一番なのが体を温めることや運動をすることです。

ダイエットを成功させるためのキーワードは摂取カロリー以上にエネルギー消費を試みるということです。

まずは代謝を高めることを念頭におきましょう。

体を温めたり、酸素をより多く体に取り込む工夫をすることで細胞レベルでの代謝が活発になります。

次に体を動かす事です。

体を動かす事によって筋肉がエネルギーをより多く燃焼させようとしますので、多くのカロリー消費が要求されます。

この二つのプロセスによって、摂取カロリー分のエネルギーが消費されていくのです。

それでもあまってしまった摂取カロリーは体脂肪として体に蓄積されてしまいます。

このようにならないために、食生活の見直し改善なども行う必要があるのです。