香水の種類

香水には、いくつか種類があるということをご存知でしょうか。

人によって、どの種類が好きなのかは異なりますよね。

香水の種類について取り上げてみましょう。

種類というのは、香料がどの程度含まれているのか、つまり濃度によって分けられています。

パルファムはパフュームとも言いますが、5時間から7時間ほど香りが持続するものになります。

種類の中で最も質が高く、濃度が高いため、香りも長持ちします。

その分価格が高くなりますが、パルファンを好む女性は多いようですね。

アルコールの濃度は15〜25%です。

次にオーデパルファムですが、これはアルコール濃度が10〜15%で5時間ほど香りが持ちます。

パルファンに比べると濃度は劣りますが、その分価格は安く抑えることができます。

また、質もパルファンと似ているため、質と安さを求めるのであればオーデパルファムが人気です。

オードトワレはアルコール濃度が5〜10%で、3〜4時間ほど香りが持ちます。

香水の中では安い方ですので人気があり、買いやすいというメリットがあります。

最後はオーデコロンです。

アルコール濃度は3〜5%と香水の中では1番濃度が低いですが、香りが軽くなるため、あまり香水の臭いをつけたくないという方に人気です。

1〜2時間ほどの持続性となります。

初めて香水を持つ方は、まずここから使ってみると良いかもしれませんね。

このように、様々な種類がありますので、自分がどういった特徴を持ったものを使いたいのか見極めた上で、テスターなどを試しながら使ってみると失敗しないのではないでしょうか。