ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量ではなくここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

みなさんが子供の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

小学校への入学時は教科書や学制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは様々な価格帯がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方に話を聞くと3万円以上の製品にしておくとある程度品質は安心していいようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

高品質の製品をできるだけ安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

機能的にほぼ変わらない前年モデルの製品や、一部工房系ブランドではキャンセル品などが出品されていることがあります。

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

親になり自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

初めてのことはどんなことでも不明点だらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多くてわかりにくいので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て自社で行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はとても高いです。

次に製品の質が高いのは販売のみ行う企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側から依頼してブランドイメージ的に問題ないかチェックしています。

最近では何かを選ぶ際に通販サイトなどの口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるのでどれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2019年に小学校入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに最新のトレンドを紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーからオーソドックスな黒のベースカラーに落ちつきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」からオーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

最近はリビングで勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアを活用してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

暑くなって来て「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており約7割の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

約70%の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番人気を争い続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.