ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > 年々、夏休みなど購入ピークが早ま

年々、夏休みなど購入ピークが早ま

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学の子供をお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわったランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

これから購入される方向けに最新のトレンドを紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」から「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着き6年間飽きずに背負える「愛らしさ」へ変わっているようです。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類やカラーなど、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した子供の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

みなさんが子供の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?大半の方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

ここ数年、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を見ておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会やメーカーもあるので今からでも展示会情報を調べてみてはいかがでしょうか。

最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなって趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため通常の日本メーカーの製品と比べると傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他にも背カンにはフィットちゃんが採用されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の必要としているものが違うこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

小学校への入学時は教科書や学制服など思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは様々な価格帯がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

機能的にほとんど変わらない旧型モデルが30?60%割引で購入できたりします。

機能的にほぼ変わらない型落ち品やキャンセル品がかなり安く買えます。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.