ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンは

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンは

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーも人気になってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

お子さんが小学校を卒業した際に困るのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう人も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられずかと言ってそのままでは使えないので押入れに入れるとしても邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べることと6年間の無料保証があるので安心して使用できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

年々、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに最新のトレンドを紹介します。

基本的なサイズとしてはA4フラットファイル対応サイズが売れ筋となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行したゴールドなどのメタリックカラーからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

最近はリビングで勉強をする子供が増えているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在居間に置いてあるラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

一時期、タイガーマスク運動と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の必要としているものが違うこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

低学年の頃など元気一杯で扱いが荒い時期に機能が似ているところも多く見受けられます。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

ロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが高学年になると趣味が変わるのは大いに考えられます。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちにそこまで好きじゃなくなったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月〜10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに新製品情報などを集めておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的に購入するのにオススメなタイミングは年末年始です。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、そこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.