ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2

ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2

ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から6年間飽きずに背負える「愛らしさ」へ変わっているようです。

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して特に気になるのは値段の相場ではないでしょうか。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によると6年間と長期間使い続けるということを考えると安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学する小学校には色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという修理保証が6年間ついていると安心できますね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

ここ数年、夏休みの時期になると近所のイオンや百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に生産数が限られている工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を開いている様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

プレゼントする気持ちというのは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんも何かを寄付する場合は贈る対象が必要なものは何かを考えて贈りたいですね夏が来て来年小学校に入学する子供や孫のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

年々バリエーションの増えているランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活をするにあたって最近のトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では本体はチョコレートブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

どんなことでも1回目はわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルを販売する企業が多いので大まかに分類します。

製造から販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで完全に任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの品質はまず間違いないです。

次にリスクが低いのは販売のみ行う企業です。

別業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側から依頼してブランドイメージ的に問題ないかチェックしています。

皆さんが子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店へ行く人が大半だと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販で済まそうかなという人もいるのでは?通販で済ませるのがダメとは言いませんができれば1度は百貨店などで現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さはわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや色などがわかりにくく6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、金具部分のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷ってしまうこともありますよね。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.