ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > 子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったラ

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったラ

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど本人が使うのも良し、親族にプレゼントするのもいいですね。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期になりました。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した小学生のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

最近では何かを選ぶ際に通販サイトなどの口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか決められないという話も多いです。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは質が安定して高いです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるということはよくあります。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

最近では、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料の修理保証があるので安心できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

みなさんが子供の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルを汚さないためにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性をそのままに使用できる透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

最近はリビングで勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

居間で勉強をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?ほとんどの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に生産数が限られている工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を集めてみてはいかがでしょうか。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.