ランドセル,型落ち,アウトレット

ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法
アウトレットや型落ち品のランドセルが圧倒的に安いです。軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばよいの?詳しくレポートします。
TOP PAGE > 最近の夏は来年小学校に入学する子供のための「

最近の夏は来年小学校に入学する子供のための「

最近の夏は来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルは45.000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜこのように平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるのは大いに考えられます。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを基準にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社もあり、どれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

調査によると7月〜10月がラン活のピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に起きたら困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、そこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ数年、夏休みの時期になると近所のイオンや百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を見ておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特に早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

親になり自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたって最近のトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合ではブラウン系やピンクに近い赤系のカラーが人気です。

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 ランドセルの型落ちが安い?アウトレットで一番安く買う方法 All rights reserved.