借りやすいローンおすすめは?審査基準厳しい?【消費者金融】

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性の利用者も増えています。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

参照:http://anpp.info/ranking/kariyasui.html

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。