マイホームの頭金はいくら用意すればいい?

マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している、長期固定金利の商品です。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。
特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、住宅ローンフラット35の総返済額を把握できるのでとても便利です。
今はどこの会社も無料で試算できるサービスが豊富で、気になる商品があれば試してみると良いですね。
ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。
直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。
マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが資金繰りに役立ちます。
銀行・信用金庫から申し込み可能ですが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。
フラット35は、長期固定金利なのが特徴。
フラット35Sエコとは、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅の購入・建築資金として住宅ローンを組む場合、借入れ金利を一定期間引き下げる制度です。
返済に関しては人によって違ってきますが一番長くて35年の借入期間が選択できます。
しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。
フラット35は、年収400万円未満の方なら一年間に返済する金額が30パーセントより少なくないといけません。
世間的に、40歳以上になってからの申し込みはなかなか難しくなる。
といったケースが多くあります。