「ラン活」の時期になって来ました

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によるとその理由を見ると6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわったランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行したゴールドなどのメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けでは水色や紫が人気でしたが6年間飽きずに背負える「愛らしさ」へ変わっているようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを調査するにしてもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか決められないという話も多いです。

一番簡単な選び方はメーカーを先に決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

どこに置いたらいいか困ってしまいますよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアを活用してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時重視した面ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が保証されるイメージのようです。

実際に売れているのも3~5万円台が多いという調査結果もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ち品やキャンセル品がかなり安く買えます。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。